公認会計士になるために効率のいい勉強をしよう

入試の申込書類

作文

大学や専門学校通信教育など、自己推薦で入学したりするとき、志望理由書が必要になります。ですが、初めての人にとっては何をどのように書いたらよいのかわかりません。このようなときに、志望理由書を添削してもらうことがおすすめです。最近ではインターネットや通信で志望理由書を添削してくれる教育機関もあります。ですので、自分の思ったことを書いていると思いが伝わりにくかったり体裁が悪かったりします。何も書くことがない人でも、志望理由書を添削してもらうことで、書き方のヒントをもらえます。現在では対面での添削というよりも、インターネットや郵送での添削が中心となっています。ですのでより手軽に利用することができます。

大学や専門学校への志望理由書の添削については注意することがいくつかあります。まずは、志望理由を明確にすることです。何を書いたらよいかわからないときに、今までの事例を参考にして書くことがあるかもしれません。しかしながら学校によっては面接を課す場合も多くありますので、まったく自分の経験によらない志望理由書ですと、今度は面接試験でうまくいかないケースもあるからです。さらに志望理由書の添削は何回かにわたって受けることが必要になります。なぜなら、一度ではうまくまとめきれないかもしれません。受験勉強に比べてより直前の対策になりがちですが、添削してもらうというタイムラグを含めても、志望理由書は前もって準備すべきです。