公認会計士になるために効率のいい勉強をしよう

パソコンを触る人

手軽に勉強できる

通信講座は自宅などで手軽に勉強をすることができる方法として古くから多くの人が利用をしています。最近では郵送によって勉強をしていくよりも、早く効率よく学ぶことができるインターネットを利用した勉強方法が人気です。

基礎知識や取得のコツ

電卓を持つ女性

公認会計士とは、企業が作成した財務諸表などの決算書をチェックする監査業務を専門とし、さらには税務業務や経営コンサルタントなど、幅広い業務を行う専門職です。高度かつ膨大な知識を要するため、公認会計士になるための試験は非常に難易度が高く、その難易度は医師試験や司法試験、国家公務員試験に並びます。しかし、その難易度ゆえに将来は高い年収も期待することができ、会計や税務、経営アドバイスなど、実に幅広い職務に付くことが出来ます。公認会計士試験では、その幅広い職務に対応できるように様々な分野を勉強する必要があり、とても大変ですが、裏を返せば1つの資格の勉強でこれだけ多くの分野を、それも深く勉強することが出来るという点で、非常に魅力的な資格とも言えます。

公認会計士試験はその難易度ゆえに、合格するには長い年月がかかるのが普通です。非常に優秀な人で1〜2年、一般的には2〜3年以上が目安となります。とはいえ、何度も受けていれば傾向を掴むことができれば、いずれは受かることが出来ます。重要なのは、その長期間のうちで、いかにモチベーションを保ちつつ、知識を定着できるかということです。そのためにはまず、資格を取って何をしたいかという目的や、合格までの的確な計画を立てることが重要です。公認会計士試験に限らず、難易度の高い試験というのは、勉強を途中でやめてしまう人が非常に多いです。しかし、専門学校などできちんとした勉強方法を身に付け、その上で正しい努力続けることが出来れば、受かることは決して無理ではありません。やめてしまう人や合格できない人の多くは、そういう誰でも出来る当たり前のことをしていないことが多いので、勉強をする上では心掛けるようにしましょう。いまはスキマ時間に勉強が出来るようにと通信講座も用意されているので、継続して勉強を行ない、合格を目指しましょう。

作文

入試の申込書類

志望理由書の添削の特徴としては、インターネットや郵送などで自宅に居ながらにして体裁や内容を添削してもらえることです。注意点としては、自分がきちんと話できる志望動機を書くことや、何回か受けることを考えて時間に余裕をもって行うことです。

タブレット

毎日の学習を楽しくしよう

口コミなどでも評判の高い通信教材であるスマイルゼミは、専用タブレットを使った楽しく続けられる学習教材です。専用タブレットには従来の紙のテキスト形式の教材にはない優れた機能がたくさんあり、子供が一人でも毎日楽しく学習を続けられるようなさまざまな工夫がされています。